マッチアラーム すれちがい

マッチアラームの「すれちがい」とは?

「マッチアラーム」というFacebookの恋活アプリをご存じでしょうか。

 

インターネットを使って恋愛や出会いを求める人が増えるに伴い、今ではたくさんの「恋活アプリ」や「出会い応援サイト」が運営されています。ここでは、そんな星の数ほどもある恋活アプリの1つ、マッチアラームの新機能「すれちがい」についてお話ししたいと思います。

 

マッチアラームの「すれちがい」とは?

 

マッチアラームの「すれちがい」は、2014年から始まった新サービスで、スマートフォンのみ対応しています。ニンテンドー3DSのすれ違い通信と同じようなイメージです。

 

位置情報をもとに、「近くにいる会員」を数人紹介してくれるサービスなのです。

 

マッチアラームは、そもそも「自分から異性を探す」ことはできません。異性のプロフィールを検索することができないのです。

 

1日1人の異性を紹介してくれる、新しい恋活アプリと言えるでしょう。自分でなにもしなくてもいいのは、忙しい現代人にとっては魅力的な点でもあります。しかし「たくさん出会いがほしい」というような人には難点ですよね。

 

マッチアラームのマッチングは基本的には「1日1人」ですが、すれちがいを利用すれば1日に複数人の異性と出会うことができます。

 

マッチアラーム「すれちがい」の使い方

 

マッチアラームの「すれちがい」はどのように使うのでしょうか。

 

「すれちがい」機能を利用すると、位置情報をもとに近くにいる異性を探し出してくれます。そこで紹介された異性を、興味があるかどうかをマルかバツの2択で分けていくだけです。

 

すれちがいを使うと、相手にも自分のプロフィールが紹介されます。お互いにマルをつければ、メッセージのやりとりができるようになりますよ。

 

「すれちがいマッチ」は、無料で1日何回でも行うことができます。通常のペースで満足できないという人は、「すれちがいマッチ」を使ってみてください。

 

自宅ですれちがいマッチを使えば、自宅の近くに住んでいる人が見つかる確率がかなり高いので、「会える人」を紹介してもらえる確率もかなり高くなるでしょう。