マッチアラーム サクラ

「マッチアラーム」にサクラはいるのか?

今、世の中に「出会い系サイト」はたくさんあります。優良なものから悪質なものまで様々なので、出会い系サイトを利用するときには「信用できる優良なサイトかどうか」を、しっかり見極めなければなりません。

 

一昔前まで、出会い系サイトは「怪しいもの」のほうが圧倒的に多く存在していました。しかし今はそんなことはありません。優良なサイトもたくさん存在していますよ。

 

出会い系サイトを利用するとき、気になるのが「サクラがいるのか」というところではないでしょうか。ここでは、Facebookアプリ「マッチアラーム」について、サクラの有無を調べてみたいと思います。

 

出会い系サイトにおける「サクラ」とは?

 

そもそも「出会い系サイトにおけるサクラ」とは一体何なのでしょうか。

 

簡単に言えば、サクラは「運営側が雇ったバイト」のことです。性別や年齢を偽ったり、サイト内でのメッセージのやり取りを引き伸ばして「お金を使わせる」ことが、サクラの主な役割になります。

 

相手に興味があるかのような素振りを見せるにも関わらず、実際に「会う」ことはできません。それがサクラです。

 

何度かやり取りをしていれば、サクラかどうかはすぐに見極められると思います。

 

マッチアラームにサクラはいないが業者はいる?

 

結論から言いますと、「マッチアラーム」に運営側が雇ったサクラはいません。サクラを雇わなくても利益が出るから、というのが理由ですね。

 

しかし、「業者」はいると思います。同じように出会い系サイトを運営している「同業者」が、自分の運営するサイトへ誘導することが目的です。

 

このような業者の人は、誰もが目を引くようなイケメンや美女の写真を載せていることが多いです。

 

では、ここで質問です。誰もが振り向くようなイケメンや美女が、出会い系サイトを利用すると思いますか?そして、自ら積極的にメッセージのやり取りをすると思いますか?

 

みなさんがお察しのとおり、これらの答えは「ノー」でしょう。

 

このような人からメッセージが来たり、お金の話などをされたら要注意です。普通、よく知りもしない人にいきなり身の上話はしませんよね。課金制(ポイント制)のサイトへ誘導されないよう、気を付けてください。

 

とは言え、「マッチアラーム」は自分で異性のプロフィールを検索してメッセージを送ることはできません。このシステム上、業者と出会う確率もかなり低いと言えそうです。