マッチアラーム 危険 詐欺

「マッチアラーム」は危険?詐欺がある?

出会い系サイトを利用するとき、みなさんが不安に感じるのは、やはり「危険」かどうか、だと思います。実際、出会い系サイトを通じた詐欺や事件は多いです。

 

誰でも気軽にインターネットが使える時代だからこそ、ここは気を付けなければいけませんよね。どんなに優良な出会い系サイトであっても、顔の見えない人とのメールのやり取り、そしてその人と会うときには「危険が伴う」ことをきちんと理解しておきましょう。こればかりは、どんなに優良なサイトであっても可能性はゼロではないのです。

 

マッチアラームの危険度は?

 

「マッチアラーム」というのは、Facebookの恋活アプリで、比較的若い世代をターゲットにしています。一般的な恋活アプリやマッチングアプリは、自分で異性のプロフィールを検索して相手探しをしますよね?異性のプロフィールを見て、いいなと思った人にメッセージを送るのが一般的です。

 

しかし「マッチアラーム」は違います。自分で相手を探すことはできません。マッチアラームは「待っていれば会える」をコンセプトにしていて、毎朝8時に異性を1人紹介してもらえる今までにはない恋活アプリなのです。

 

Facebook系列ということもあり、マッチアラームは実名登録が基本です。Facebookのアカウントで登録できるので、Facebookをやっている人なら必然的に実名で登録することになるでしょう。

 

実名で登録している以上、悪いことをしようと企む人は少ないと言えます。そのため、マッチアラームの危険度は低いと言えるでしょう。

 

マッチアラームは詐欺?

 

出会い系サイトでよくあるのが、「結婚詐欺」に巻き込まれるというものです。実は既婚者であるにも関わらず、結婚をちらつかせてお金を騙しとるのが主な手口です。

 

何度も言いますが、マッチアラームはFacebookのアプリです。

 

Facebookの交際ステータスが「既婚」になっている人は登録できない仕組みになっています。「実は既婚者」がマッチングされる確率はかなり低いと言えますが、残念ながらゼロとは言えません。

 

また、マッチアラームの利用に関して女性は完全に無料ですが、男性は「好きかも」というボタンを1つ押すだけで324円がかかります。

 

この「好きかも」ボタンを押さない限り、異性とメッセージのやり取りをすることはできません。メッセージの送受信にお金がかかるサイトはたくさんありますが、ボタンを押すだけでお金がかかるのは珍しいかもしれません。

 

「好きかも」を押しても、相手が自分に対して「好きかも」を押してくれないとその人とメッセージのやり取りはできません。つまり、お金を捨てているのと同じことになりかねないのです。このことから、男性利用者からは「マッチアラームは詐欺だ!」というような意見も出ているようです。